保護者会などの自己紹介で緊張する人に知って欲しいこと

緊張・あがり症克服の専門家
金光サリィです。

入学シーズンを迎え、なにかと人前で話す機会、
特に幼稚園や学校での保護者会や懇親会などで
自己紹介する機会が増えているのではないでしょうか。

私自身、極度のあがり症で悩んでいた時は、
この自己紹介が大の苦手で、
少人数の飲み会にも行けないほどでした。

自分の番がはじめの方ならまだマシで、
最後の方まで待たされると、
待ち時間に
どんどん緊張で鼓動が速まり、
心臓が口から出そうになっていました。

無論、自己紹介のときには手足が震え、頭が真っ白になり、
思ったことの半分も言えずに終えていました。

当時よく言われたアドバイスが2つあります。
腹式呼吸、ストレッチなどによるリラックス法と、
とにかく場数を踏めばそのうち慣れるというもの
です。
極度のあがり症だった私には、
どちらもまったく効果がありませんでした。

今回の記事では、
腹式呼吸などではリラックスできない理由と、
場数を踏んで克服できる人とできない人がいる
ので気を付けて欲しい
こと。
そして、自己紹介をラクにする方法をお伝えします。

緊張を一瞬で和らげるテクニックは存在しない

自己紹介や面接などで緊張すると悩んでいる多くの方が、
腹式呼吸、ストレッチ、ツボ押しなどといったテクニック的な方法で
緊張を一瞬で緩和できるとアドバイスされ、それを期待しています。

でも残念なことに、緊張を一瞬で和らげる方法は存在しません。
冷静に考えてみたら当然ですよね。

こういったテクニック的な方法は、基本的に
“副交感神経”を優位にしてリラックスしよう
という考えに基づいています。
でもこれはあくまで、交感神経と副交感神経が均衡している
“平時”の時に効果があるだけ。
“交感神経”がすでにMAXに優位に働いている“緊張時”には、
リラックス効果は望めません。

他にも、人前で「緊張しています」とカミングアウトすれば
ラクになるという話をきいたことありませんか?
それで緊張しなくなるなら・・・と
恥を忍んで試してみたことがありますが、全然ダメでした。
トレーニングに来られるクライアントの皆さんからも、
同じ経験をよく聞きます。

脳科学的に考えても、
「緊張」という言葉を使った時点で緊張が誘引されるので、
「緊張しています」とカミングアウトすることは好ましくありません。

緊張を場数や場慣れで克服できるかの診断方法

緊張診断

あなたが緊張を場数で克服できるタイプか否かの
診断方法はとっても簡単です。

人前で自己紹介を終えたあと、それを振り返ってみて、
あなたは次のどちらでしょう?


1)良かった部分に目を向けられる

2)良かった部分なんて見えない

もしあなたが前者であれば、
場数や場慣れで次第に緊張せずに話せるようになります。
緊張やあがり症は、
「人前で話せた!」という成功体験で克服できるので、
良かった部分に注目できる前者なら、
場数によって少しずつにでも成功体験を得ることができます。

一方、良かった部分に注目できない後者の場合は、
場数や場慣れでは成功体験を得ることが難しい
ため、
別の方法=あがり症克服のためのメンタルトレーニングが
必要になります。

後者のタイプの人が、場数や場慣れで緊張を克服しようとすると、
昔の私のようにドツボにはまってしまうので気をつけて下さい。
良かった部分に注目できないため、
場数を踏むたびに“失敗体験”を積むことになり、
緊張、あがり症が悪化する可能性があります。

保護者会などで自己紹介をラクにする方法

ここで、前者の方がより成功体験を得るために役立つ
2つの方法をお伝えします。
(後者の方にも、メンタルトレーニングに加えて必要な考え方です)

have to ではなくwant toでしゃべる

「~しなければならない(have to)」という気持ちではなく
「~したい(want to)」という気持ちでしゃべることです。

たとえば、上司の命令でイヤイヤ話す場合は「have to」、
好きな芸能人の話をしたくてたまらないような場合は「want to」です。

自己紹介で緊張する人の多くは、
おそらく「have to」の状態だと思います。
「上手に話さなければならない」
「緊張してはならない」などです。

これを内容を工夫するなどして
「want to」にできるかぎり持っていくことで、
人前でラクに話しやすくなります。

例えば保護者会であれば、
「上手く話さなければならない」といった気持ちではなく
「子供のことをみんなに伝えたいなぁ~」と思って話せば、
「want to」の要素が大きくなるでしょう。

自己紹介の内容を暗記しない

緊張やあがり症で悩んでいる人の多くが、
自己紹介の内容を一字一句暗記して臨んでいるようです。
これは非常に危険です。

なぜなら、一字一句暗記することが脳には非常に負担であること。
また、言葉をつなげて覚えているので、
一語でも忘れるとその先すべての記憶が飛んでしまう
怖れがある
からです。

まだ言うことがあったはずなのに、途中で
「よろしくお願いしますm(_ _)m」と
強制終了させたことが、私は何度もあります。

どうすればよいかというと、
「〇〇と、〇〇について話そう」と
キーワードと流れだけを決めておくことです。

自分の番が来たら、そのキーワードについて話すだけです。

「キーワードだけなんて、言葉が出てこなくなりそうでムリ!」
という声が聞こえてきそうですが、
これまで言葉が出てこなかったのは、緊張していたからです。

普段(緊張していない状態)は、原稿も事前準備もなく、
その場で思いついたことをしゃべれていますよね。
こちらのほうが、脳は断然ラクに言葉を紡ぎ出せるのです。

正しいアプローチで、
人前で楽しく自己紹介できる自分を目指してくださいね。

こちらはあがり症なのにPTAの役員になってしまって
トレーニングを受けられた方の体験談です。

あがり症克服体験談

あがり症のための脳科学にもとづいたメンタルトレーニングの礎を築いたパイオニア。自身が極度のあがり症に苦しんでいた時期がある。ひどいあがり症の人ほど、スピーチ練習や場数、呼吸法などではなく、メンタルトレーニングが必要と伝えている。
「人前で話すのがラクになる!5つの魔法(ダイヤモンド社)」は、今までにないあがり症克服本としてAmazonランキング総合2位(話し方・プレゼン部門1位)。現在10刷りのロングセラー。

克服本の試読はこちら【無料】

脳波研究第一人者おすすめ「人前で話すのがラクになる!5つの魔法(ダイヤモンド社)」の試読版PDF(無料)がお読みいただけます。

よく読まれている記事

テキストのコピーはできません。