保護者会などの自己紹介で緊張する人に知って欲しいこと

緊張・あがり症克服の専門家 金光サリィです。入学シーズンを迎え、なにかと人前で話す機会、とくに幼稚園や学校での保護者会や懇親会などで自己紹介する機会がふえているのではないでしょうか。私自身、極度のあがり症で悩んでいた時は、自己紹介が大嫌いでした。

自分の番がはじめの方ならまだマシで、最後の方まで待たされると、その待ち時間にどんどん緊張して鼓動が早まり、心臓が口から出そうになっていました。無論、自己紹介のときには手足が震え、頭が真っ白になり、思ったことの半分も言えずに終えていました。

自己紹介で緊張しないで話せるようになるには、はじめにあなたの緊張レベルを知る必要があります。なぜかというと、このレベル分けによって克服方法が全く異なるからです。私はこのことを知らずに、随分と遠回りをしてしまいました。

緊張を一瞬で和らげるテクニックは存在しない

レベル分けの話の前に、大切なことを一つお伝えします。自己紹介や面接などで緊張することに悩んでいる多くの方が、腹式呼吸、ストレッチ、ツボ押しなどといったテクニック的な方法で、緊張を一瞬で緩和できると期待しています。

何を隠そう私も信じていくつか挑戦したことがあります(笑)けれども、残念ですが緊張を一瞬で和らげる方法はこの世に存在しません。冷静に考えてみたら当然です。

こういった方法は、基本的に“副交感神経”を優位にしてリラックスしようという考えにもとづいています。たしかに、この理屈はあっているのですが、これはあくまで交感神経と副交感神経が均衡している“平時”の時に効果があります。対して“緊張時”は“交感神経”が優位に働いているので、リラックス効果は望めません。

たとえば、太りたいからと体重増量サプリを食べたとします。たしかに、高カロリーのサプリを食べたら太るという理屈はあっていますが、もし食べた以上に運動とかでカロリーを消費していたら太れませんよね。これと似たようなことです。

そうそう、それから人前で「緊張しています」とカミングアウトすればラクになるという話をきいたことありませんか?私は高校の時にきいたことがあって、試したことがあるのですがダメでした。私のお客さん周りでも同様です。

脳科学的に考えても、緊張という言葉を使った時点で、緊張が誘引されるので「緊張していますが」と発言することは好ましくありません。

緊張を場数で克服できるかの診断方法

緊張診断

いよいよ自分の緊張レベルを知る話にはいりますね。このレベルによって、緊張を場数で克服できるタイプかどうかが分かります。診断方法はとっても簡単です。

人前で自己紹介を終えたあとに振り返ってみて、1)あなたは良かった部分に少しでも目を向けられますか?2)それとも、とてもじゃないが良かった部分なんてないといった感じですか?

もしあなたが前者であれば、場数や場慣れで次第に緊張せずに話せるようになります。緊張やあがり症は、「人前で話せた!」という成功体験によって克服できます。前者の場合は、場数を踏むことでその成功体験をえることができます。

一方、後者の場合は、場数や場慣れでは成功体験をえることが難しいです。このため、別の方法が必要になります。私のあがり症克服サポートで扱う範囲です。次のリンクは、あがり症なのにPTAの役員になってしまってトレーニングを受けられた方の克服体験談です。

あがり症克服体験談

気をつけて欲しいのが、後者のタイプの人が場慣れで、緊張を克服しようとすることです。“成功体験”ではなく“失敗体験”をつむことで、緊張、あがり症の症状が悪化する可能性があります。わたしはこの間違いを犯してしまいました。

保護者会などで自己紹介をラクにする方法

ここで、前者の方が成功体験をえるために役立つ方法を2つお伝えします。脳の負担を軽くするものです。もちろん後者の方にも有効ですよ。

have to ではなくwant toでしゃべる

これは、日本語でいうと、「~しなければならない(have to)」という気持ちではなく「~したい(want to)」という気持ちでしゃべるということです。

たとえば、上司の命令でいやいやな気持ちで話す場合は「have to」、好きな芸能人など自分が好きで話したくてたまらないことを話す場合は「want to」になります。

自己紹介で緊張する人の多くは、いま「have to」の状態だと思います。これを「want to」にできるかぎり持っていくことで、脳に対するプレッシャーが弱まりラクに話せるようになります。

たとえば、保護者会であれば、自分を良く見せなければ、上手く話さなければといった意識ではなく、子どものことをみんなに伝えたいと思って話せば「want to」の要素が大きくなるでしょう。

自己紹介の内容を暗記しない

緊張やあがり症で悩んでいる人の多くが、自己紹介の内容を一字一句暗記して臨んでいるようです。これは非常に危険です。

なぜなら、一字一句暗記することが脳に負担であること。もう一つが言葉をつなげて覚えているので、一語でも忘れるとその先すべての記憶が飛んでしまうことがあるからです。

私は、まだほかにも言いたいことがあったはずなのに「よろしくおねがいしますm(_ _)mペコリ」と強制終了させたことが何度もあります。

それではどうすればよいかというと、「〇〇と、〇〇について話そう」とキーワードだけを決めます。自分の番が来たら、考えておいたキーワードについて話すだけです。

お伝えしたかった事は以上となります。みなさんは、正しいアプローチで自己紹介を緊張しないで話せるように目指してくださいね。

この記事を書いた人

金光サリィ
あがり症克服の専門家

極度のあがり症・赤面症に長年苦しむが、脳科学・心理学を中心に学び考えた手法で、短期間に克服する。その方法をまとめた「人前で話すのがラクになる!5つの魔法(ダイヤモンド社)」は、今までにないあがり症克服本としてAmazonランキング総合2位(話し方・プレゼン部門1位)を獲得。現在10刷りのロングセラー。徐々に変化を促す一般的なものとは異なり、劇的な変化を起こすあがり症克服トレーニングが人気。

よく読まれている記事

【無料】試読版が読めます!

脳波研究第一人者おすすめ「人前で話すのがラクになる!5つの魔法(ダイヤモンド社)」の試読版PDF(無料)がお読みいただけます。

テキストのコピーはできません。