あがり症克服にセミナーに通ってスピーチ練習が不要な理由

ヴィゴラ~ス!
あがり症克服の専門家の金光サリィです。

スピーチ練習には大きく、
「教室やセミナーなどで講師の指導を受け、
みんなの前で行うスピーチ練習」
と、
「自宅で一人で行うスピーチ練習」があります。

今回は前者に関して
「あがり症克服にスピーチ練習は必要ない」という話です。
(後者については本番前に数回通して行えば十分です。)

先日、私の著書「人前で話すのがラクになる!5つの魔法」を
読まれた方から、次のような嬉しい感想文を頂きました。

「私は 、手の震えや足のガクガクを克服したくて
高額の話し方教室で猛特訓していましたが、
やればやるほどうまくいかず困り果てていました。
そんな折に本書に出会い、
長年のガクブルからストンと解放されました。

(T.Sさんより)」

あがり症を克服するためには、話し方教室やセミナーなどに通って
スピーチ練習に励む必要があると、多くの人が信じています。
でも、スピーチ練習は不要です。

もちろん、スピーチ練習自体がダメという訳ではありません。
時間とお金をかけてまでやることではない、ということです。
「スピーチ練習→本番で失敗」を繰り返すと、
先の感想文のように、あがり症をこじらせる
こともあります。

スピーチ練習

あがり症克服のために話す技術を学ぶ必要はない

スピーチ練習に通う目的は大きく2つあります。
1つは、話す技術を学ぶため、
もう1つは、みんなの前で話す機会を得るため、
つまり場慣れのためですね。

まずは1つ目の「話す技術を学ぶために通う」についてですが、
「あがり症で人前でうまく話せないので、話す技術の習得が必要だ」
と考えてしまう気持ち、よく分かります。

でも、あがり症は、
話す技術というより感情的な(メンタルの)問題
です。
音痴だけどカラオケが大好きでマイクを離さない人がいるように、
話す技術はないけど
人前で話すのが好きな人(あがり症ではない人)はいます。

あがり症になった原因とメカニズムで詳しく説明しているとおり、
あがり症は、過去のネガティブな経験によって、
脳に「人前=危険、怖い」と記憶された結果、生じるものです。

したがって、あがり症を克服するには、
人前に対する苦手イメージを、
本番前までに改善しておく必要があります。

本番を想像したときに「嫌だな、怖いな」などの
ネガティブな気持ちが湧いて来ない状態ですね。

しかし、スピーチ教室で講師から
声の出し方、間の置き方、話の構成などを習っても
人前に対するイメージはほとんど改善されません。

あがり症の原因が解消されていないので、
結局人前に出るとドキドキとあがって、
習得したはずの話す技術を披露することもままならないのです。

スピーチ練習で得られるのはセミナー教室内での場慣れ

続いて2つ目の「場慣れのために通う」についてです。
場慣れのために教室やセミナーなどに通おうとする気持ちも、
よくわかります。

しかし、教室やセミナーと実際の本番では、
雰囲気や面子などプレッシャーに雲泥の差があります。
教室やセミナーでのスピーチ練習で得られるものは
あくまで“教室やセミナー内での場慣れ”
です。

このため、教室内では問題なく話せるようになったのに、
本番では全然ダメだったということが起こります。

本番はダメでも教室内では緊張しないで
話せるようになるのは、
しばらくすると、
脳が教室に来ている人はみんな仲間で、先生も優しいと認識して、
教室=安全なところと“ホーム“化するからです。

でも実際の本番は、優しい先生や仲間のいない“アウェイ”。
結局は今までのようにあがってしまうわけです。

ただし、みんなの前でスピーチ練習することで、
「私本番で緊張しないで話せるかも」と思えて、
実際に本番であがらないで話せるようになる人はいます。

そういった人は
「あがり症を克服するには結局は場慣れだよ、場慣れ」と
熱く語ってくれますが、
それは生存者バイアスです。

生存者バイアスとは:何らかの選択過程を通過した人・物・事にのみを基準として判断を行い、通過に失敗した人・物・事は見えなくなるため、それを見逃してしまうという誤謬である。
ウィキペディアより

「私本番緊張しないで話せるかも」と思えるのは、
あくまであがり症のレベルが軽い人たちだけです。
人前に立つと思うように話せない
ひどいあがり症の場合は、難しいのです。

スピーチ練習すればメンタルが強化されるという幻想

ここで1つ、スポーツ心理学習のEQ創設者の森裕亮さんと
フットサル日本代表・森岡薫さんとの対談記事の一部を紹介します。

  • 競技活動を続けていれば、メンタルが自然と強くなると
    考えている方々も多いと感じています
  • 今まで培ってきた経験に頼る指導者が多く、
    最終的には「根性」や「やる気」など、
    抽象的な指導に偏っている印象が強い
    です

この対談記事を目にした時に、
「あ~、”あがり症克服界隈”と全く同じだな」と思いました。

教室やセミナーなどに通ってスピーチ練習すれば、
次第にメンタルが強化されてあがり症が克服できると
思っている講師が、この界隈にはごまんといます。

そして、不幸なことに受講者側もそうだと信じています

メンタルの話は、別途対応する必要があります。
スピーチ練習では、話す技術を習得できても、
人前に対するイメージはなかなか改善されません。
改善を期待してスピーチ練習に通っても、
莫大な時間とお金を浪費するだけです。

ひどいあがり症だった私は、
「スピーチ練習に通えば克服できる」という指導法は、
それで克服できないあがり症の人を追い込み、
自信を喪失させるものだと思っています。

講師としては正直、その指導法の方がラクなんですよ。
本番で結果が出なかったら、
あなたのスピーチ練習が足りないからだと
言えばいいのですからね。

では、どうすれば軽い・酷いのレベル関係なく
あがり症を克服できるのでしょうか。
それは、メンタルトレーニングによって、
あがり症の原因である”人前に対する苦手イメージ”を
集中的に変えること
です。
原因が解消されればあがらずに普段通りしゃべれるので、
スピーチ練習も不要
となります。

軽度のあがり症の人はともかく、
スピーチ練習では克服できないひどいあがり症の人にとっては、
メンタルトレーニングしか道が残されていない
とも言えます。

まとめ
  • スピーチ練習では
    話す技術を習得できても苦手イメージは改善されない
  • 教室やセミナーなどでの場慣れと本番での場慣れは別物
  • あがり症の原因が解消されたら緊張せずに普段どおり喋れるので、
    スピーチ練習も不要

もちろんメンタルトレーニングと一言でいっても、
その方法は様々で、トレーナーの力量に大きく依存するものです。

受講者の約9割が成功している金光サリィのメンタルトレーニング
についてはこちらをご覧ください↓↓↓

あがり症克服のためのメンタルトレーニング

あがり症のための脳科学にもとづいたメンタルトレーニングの礎を築いたパイオニア。自身が極度のあがり症に苦しんでいた時期がある。ひどいあがり症の人ほど、スピーチ練習や場数、呼吸法などではなく、メンタルトレーニングが必要と伝えている。
「人前で話すのがラクになる!5つの魔法(ダイヤモンド社)」は、今までにないあがり症克服本としてAmazonランキング総合2位(話し方・プレゼン部門1位)。現在10刷りのロングセラー。

克服本の試読はこちら【無料】

脳波研究第一人者おすすめ「人前で話すのがラクになる!5つの魔法(ダイヤモンド社)」の試読版PDF(無料)がお読みいただけます。

よく読まれている記事

テキストのコピーはできません。