本を1000冊読んでも変わらない人とは

緊張・あがり症克服トレーニングにいらっしゃった方から「私はこれまでに自己啓発書やビジネス本など、1000冊以上の本を読みました。でも変われないのですが、どうしたらいいですか?」と言われて驚いたことがあります。

すごい投資ですよね。金銭的にも、時間的にも・・・

でも変われなかったのは、なぜだと思いますか?こう問うと「行動していなかったからじゃないですか?」と言う声が聞こえてきそうです。はい、もちろん行動していません。行動するまでに至らない理由があるんです。

その理由は、話していてすぐに分かりました。

それは、使っている言葉が「マイナス」だということ。不平不満・グチ・泣き言・悪口・文句・言い訳・心配事ばかりでした。これらの言葉を使っている限り、人は変化できません。

例えば、スティーブ・ジョブズ氏の本を読んで、「もっと●●になりたいなら、●●をすればいい」というようなことが書いてあったとします。

でもそれを読んだ彼は、「スティーブ・ジョブズだからできるんでしょう?」「能力ない俺にはムリムリ。」といった感じになるでしょう。こんな風にプラスの情報もマイナスのフィルターを通していては、本を読んでも読んでも変化できません。逆に読めば読むほど、卑屈になってしまうかもしれません。

「あなたがこれまで変化できなかった理由がわかりました。マイナスの言葉を口にするのをやめると、変化できますよ!」

そう言うとその後、彼はほとんど口から言葉が出なくなってしまいました。それぐらい、いつもマイナスの言葉で溢れていたのです。トレーニング中も、頭の中にはマイナスの言葉がたくさん飛び交っていたと思います。でもそこをグッと我慢して、口から出るマイナスの言葉をストップすること。ここから変化が始まります。

さぁ、今日からマイナスの言葉は使わずに行きましょう!

この記事を書いた人

金光サリィ
あがり症克服の専門家

極度のあがり症・赤面症に長年苦しむが、脳科学・心理学を中心に学び考えた手法で、短期間に克服する。その方法をまとめた「人前で話すのがラクになる!5つの魔法(ダイヤモンド社)」は、今までにないあがり症克服本としてAmazonランキング総合2位(話し方・プレゼン部門1位)を獲得。現在10刷りのロングセラー。徐々に変化を促す一般的なものとは異なり、劇的な変化を起こすあがり症克服トレーニングが人気。

【無料】試読版が読めます!

脳波研究第一人者おすすめ「人前で話すのがラクになる!5つの魔法(ダイヤモンド社)」の試読版PDF(無料)がお読みいただけます。