あがり症克服のための話し方教室やセミナーとの違い

あがり症克服方法の違い

一般的なあがり症克服のための話し方教室やセミナーと、
金光サリィ式トレーニングとの違いをまとめています。
考え方、内容が大きく異なりますので、
他で効果がなかった方はぜひお読みください。

あがり症になった原因とメカニズム」でお伝えしたとおり、
あがり症は、過去のネガティブな経験により脳(海馬)が
「人前=危険」と認識してしまった結果、生じる反応です。

このため、あがり症を克服するには、
本番前に人前に対するイメージを「人前=危険」から、
「人前は危険ではない」に変える必要があります

一般的な話し方教室やセミナーの特徴

一般的な話し方教室やセミナーでは、
あがり症は話す技術のレベルアップや場慣れによって克服できる
という考え
をベースに、
話の組み立て、間の置き方、声のトーン、腹式呼吸などを習い、
みんなの前でスピーチ練習する機会を持ちます。

これは症状が軽い人には有効かもしれませんが、
人前に出ると反射的にあがる極度のあがり症の人には、
満足のいく結果を望めないでしょう。
人によっては、他の生徒の前であれこれ指導され、
余計に人前でのイメージが悪化する恐れもあります。

人前に対するイメージを改善しないまま本番を迎えても、
いつも通り反射的にあがってしまい、
結果、やっぱり人前で話すのは怖い、難しい、嫌だなと感じ、
いくら練習してもまた振り出しに戻ることになります。

うまくいかなくても、あがり症が克服できないのは
スピーチ練習が足りないからだということで、
話し方教室やセミナーに通い続けることになります。

金光サリィ式トレーニングの特徴

金光サリィ式トレーニングでは、
あがり症は症状に対処しようとするのではなく
根本的な原因を解消することで克服できるという考え
をベースに、
脳科学にもとづいた方法で
人前に対するイメージを改善します。

具体的には、「セルフイメージ(あなた自身のイメージ)」と、
「シチュエーションイメージ(実際に話す場面のイメージ)」を中心に
ポジティブなものに変えます。

どのような新しいイメージを設定するかによって、
結果が変わって来るのですが、過去のトラウマなどから、
ご自身だけではなかなか良いイメージが作れない方が多いです。
トレーナーが、状況や希望をヒアリングし、
一緒に最適なイメージを作成していくプロセスを通して、
ほとんどの方にポジティブな変化が表れます。

その後ご自宅で、お伝えする方法でイメージの更新に取り組みます。
スピーチ練習のためにどこかに通う必要もありません。
イメージの改善に完全集中するので、短期間で効果が現れます。
そして本番が近づいたら、何度か通しでしゃべってみたり、
イメージトレーニングなどを行います。

事前に人前に対するイメージをポジティブなものに更新することで、
本番であがらないで話せるようになります。

その時の成功体験を脳の記憶にしっかり上書きすることで、
仮の記憶から本当の記憶にして、
この日をあがり症からの卒業日とします。

金光サリィ式メソッドは、シンプルかつパワフルで、
脳波研究第一人者の志賀博士から
「脳科学の観点から納得できる内容」と
推薦文をもらっている信頼のメソッドです。
詳しくは「あがり症克服の決定本」をお読み下さい。

一般的な話し方教室等と金光サリィ式の違い

一般的な話し方教室等 金光サリィ式
基本的な
考え方
あがり症は話す技術のレベルアップや場慣れによって克服できるという考え あがり症は症状に対処するより原因を解消することで克服できるという考え
メイン スピーチ練習中心 イメージ改善中心
概要 教室などに通って、話の組み立て、間の置き方、声のトーン、腹式呼吸などのスピーチ練習を行う 自宅で、セルフイメージと実際に話す場面のイメージを脳の仕組み沿った方法でポジティブにする
形式 1対多 1対1
期間 中長期 短期集中

極度のあがり症・赤面症に長年苦しむが、脳科学・心理学を中心に学び考えた手法で、短期間に克服する。
その方法をまとめた「人前で話すのがラクになる!5つの魔法(ダイヤモンド社)」は、今までにないあがり症克服本としてAmazonランキング総合2位(話し方・プレゼン部門1位)を獲得。現在10刷りのロングセラー。
徐々に変化を促す一般的なものとは異なり、劇的な変化を起こすあがり症克服トレーニングが人気。

克服本の試読はこちら【無料】

脳波研究第一人者おすすめ「人前で話すのがラクになる!5つの魔法(ダイヤモンド社)」の試読版PDF(無料)がお読みいただけます。

テキストのコピーはできません。