あがり症がなかなか治らない人の3つの誤解

人前でのあがり症

ヴィゴラ~ス!
緊張・あがり症克服の専門家 金光サリィです。

何度も場数を踏んでいるのに、あがり症がなかなか治らない…
セミナーや教室に通ってスピーチ練習に励んでも、
本番はいつもどおりあがってしまう…

このような状況が続くと、何か自分に欠陥があるのかもしれないと
自信を失ってしまいますよね。

でも、決してあなた自身に欠陥がある訳ではありません。
あがり症がなかなか治らない人は、
これからお伝えする3つの誤解を抱えているがゆえに
克服できずに悩み続けている場合がとても多いのです。

誤解をしたまま間違った克服方法に取り組み続けても、
あがり症は治らないどころか悪化することがあるので、
今すぐ誤解を解いて、正しい克服方法に取り組みましょう。

【誤解1】あがり症は場数や場慣れで治せる

「人前で話すときに緊張するんです…」
「あがってしまうんです…」と人に相談すると、十中八九
「場数だよ」「場慣れが大事だよ!」と言われるのでは
ないでしょうか?

これはスピーチやプレゼンなどで、どうにか最後まで話すことができ、
終わった後に良かった部分に目を向けられる人にとっては有効です。

このような軽度のあがり症の人は、場数を踏むことで
成功体験が少しずつ脳(海馬)にインプットされるので、
少しずつでもあがり症を克服できます。

問題は、思い通りに話せなくて
「もう二度と人前で話したくない…」となってしまうような、
終わった後に悪いところに目が向いてしまう人です。

このような極度のあがり症の人は、失敗経験しか積み重ねられないので、
場数を踏むたびに苦手意識が増して、
あがり症を克服できないどころかひどくなることがあります

場数であがり症が治った(軽度だった)講師は、
「場数や場慣れで必ずあがり症は克服できる」と指導しますが、
極度のあがり症の人がそれに従うと痛い目にあってしまいます
これは、重度のあがり症の人たちの自信をなくさせる
最悪のアドバイスだと思っています。

軽度のあがり症の人:場慣れ・場数でOK/極度のあがり症の人:場慣れ・場数では無理

【誤解2】スピーチ練習に励めば必ず克服できる

多くの人がスピーチ練習に励めば、あがり症を克服できると信じて、
スピーチ練習を行うセミナーや教室などに通って、
話の組み立て、間の置き方、発声練習、声のトーンなど、
上手に話すための技術を時間とお金をかけて学んでしまいます。

でも、考えてみて下さい。
あなたは緊張さえしていなければ、自然に話すことができますよね。
間の置き方や声のトーンなどをわざわざ意識することなく、
自分の言葉で気持ちの乗った臨場感のあるトークをしているはずです。

それができなくなるのは人前で緊張するからであって、
話す技術がないからではありません。
あがり症は、話す技術ではなくメンタルの問題
なのです。

必要なのは、「人前=危険」というイメージを改善することです。
でも残念ながら、
「人前=危険」と強く刷り込まれてしまった極度のあがり症の人が
スピーチ練習に取り組んでも、
なかなかそのイメージ改善にはつながりません

また中には、話す技術の習得というより、
みんなの前で話す機会を得て “場慣れ”するために、
セミナーや教室に通う人もいます。
でもそこで得られるのは、あくまで“セミナーや教室内での場慣れ”です。

例えば、
「教室ではあがらないで話せるのに、本番では散々だった」と
私のところに相談に来られる方が多くいらっしゃいます。
これはなぜでしょうか。

セミナーや教室で教えてくれる先生はやさしく、
周りの生徒は同じ悩みを持つ仲間です。
このため、脳(海馬)が
「この場所は怖くない、安全だ」いわゆる“ホーム”だと
次第に認識します。
すると、セミナーや教室内ではあがらず話せるようになります。
でも実際の本番は、優しい先生も仲間もいない“アウェイ”な場。
結局は今までのようにあがってしまうわけです

教室内:ホーム化 → 怖くない → 緊張しない/本番会場:アウェイ → 怖い → 緊張する

【誤解3】あがり症はテクニックで緩和できる

腹式呼吸、ツボ押し、ヨガ、セロトニン(食べ物)など、
副交感神経を優位にして緊張を和らげようとするテクニックが
数多くあります。
「どれも一理あるみたいだし、なんだか簡単そう~」と、
期待してしまうのも無理はありません。

確かに、自宅などの安心安全と思える環境において、
交感神経と副交感神経のバランスが大きく崩れていない平時に、
腹式呼吸やツボ押しなどで副交感神経を優位にすれば
リラックスできるでしょう。

でも私たちが困っているのは、
人前でプレッシャーのかかっている本番の環境ですよね?
そのような、
すでに交感神経がMAXに高まって緊張している時に、
腹式呼吸やツボ押しなどをしても
副交感神経が優位になることはありません

今まで色々な克服方法を試してきた方は、
副交感神経を優位にするテクニック系では効果がないことを
すでに身を持って体験されているのではないでしょうか?

平時:交感神経と副交感神経が均衡 腹式呼吸など→副交感神経が優位になる/緊張時:交感神経が優位 腹式呼吸など→副交感神経優位にならない

まとめ
  • 本番で成功体験を得られない場合、場数ではあがり症は治らない
  • スピーチ練習では、
    あがり症の原因である人前=危険といったイメージは改善されない
  • スピーチ教室での場慣れと本番での場慣れは別物
  • 交感神経が優位な時に、腹式呼吸等のテクニックで
    副交感神経を優位にして緊張を和らげるのは困難

最後のトピックは「あがり症の克服方法の分類と迷わない選び方」です。
山ほどあるあがり症克服方法を分類して解説しています。
選ぶのに悩んでいる方はお読みください。

             

あがり症のための脳科学にもとづいたメンタルトレーニングの礎を築いたパイオニア。自身が極度のあがり症に苦しんでいた時期がある。ひどいあがり症の人ほど、スピーチ練習や場数、呼吸法などではなく、メンタルトレーニングが必要と伝えている。
「人前で話すのがラクになる!5つの魔法(ダイヤモンド社)」は、今までにないあがり症克服本としてAmazonランキング総合2位(話し方・プレゼン部門1位)。現在10刷りのロングセラー。

克服本の試読はこちら【無料】

脳波研究第一人者おすすめ「人前で話すのがラクになる!5つの魔法(ダイヤモンド社)」の試読版PDF(無料)がお読みいただけます。

テキストのコピーはできません。