あがり症でお悩みの方へ

あがり症克服の専門家 金光サリィ

金光サリィ

ヴィゴラスマインド代表

お客さんから心配されるぐらいひどかった

私が社会人になりたてのころ、毎週のように人前でアナウンスをする機会がありました。といっても、決められたことを約1分間伝達するだけのお仕事。

夕方4時半ごろ、アナウンスのために数十人の前に立つのですが、ひどいあがり症だった私は、この1分のために原稿を文章で全部書き、朝10時ごろから何度も何度もスピーチ練習をしていました。

それにもかかわらず、本番は散々でひどいもの・・・。お客さんから「だ、大丈夫ですか??」と本気で心配されるほどでした。

辛かったのは、事前にみっちりスピーチ練習し場数を踏んでも、あがり症は改善されるどころか、どんどんひどくなっていったことでした。

私が脳科学に目覚めたきっかけ

ある日、このままではまずいと思い本屋さんに行きました。「あがり症・話し方」というコーナーで、どの本がいいかなと手に取ってみたところ、どの本からも「場数を踏もう」の文字が・・・。場数を踏むたびにあがり症がひどくなっていた私は、その文字に一瞬、怒りさえ感じました。

「これではダメだ」と茫然としていた時に、たまたま目に入ってきたのが「あなたもいままでの10倍速く本が読める」という本でした。当時、1冊も本を完読したことがなかった私は、まずこれからやってみようと購入して家に帰りました。

が、やはり当時の私にはその本さえ読むことができず、本に挟まれていたチラシで紹介されていた「フォトリーディングセミナー」に行くことにしました。

そのセミナーで印象に残ったことは、本を速く読むことよりも脳の仕組みや面白さについてでした。聞き慣れなかった「潜在意識」や「右脳」などの専門用語に、初めはなんだか怪しいなぁ~と思ったものの、音大の授業で受けたある体験学習を思い出しました。

その体験学習とは、小さいころ住んでいた家の間取りを描こうとしてもなかなかかけないのですが、当時聴いていた音楽を聴くと、スラスラと描けてしまうというものでした。

潜在意識には、これまで見て聞いて感じてきた全ての物事が蓄積されている。それを顕在意識に引っ張り出す「何か(アンカー)」があれば、良いことも悪いことも関係なく思い出すことができる。このことを実際に、大学時代に体験していたのです。

もしかしたら脳科学を勉強すればあがり症を克服できるかもしれないと、その日依頼、色々な先生から右脳開発、催眠術、メンタルトレーニングなど、「脳」に関する多くのことを直接学ばせてもらいました。

知識だけであがり症を克服できていなかった私

色々な知識をためていた私ですが、何の行動にも移していなかったので、相変わらずあがり症を克服できていませんでした。

その頃の私は友達から飲み会に誘われても全部断っていました。自己紹介タイムになるのが嫌で。だからまずは飲み会に誘われたらというつもりで、ブログに「断らない」と書きました。

しかし、その翌日にかかってきた電話は、高校の先生から普段ブログに書いている内容を部活生に話して欲しいという「100人の前での講演依頼」でした。

私は全力で断る理由を探しましたが、前日に「断らない」と言葉にした威力は思った以上に凄まじく、10日後の講演の依頼を受けることになりました。

本番があるからあがり症と本気で向き合える

本番の講演を想像すると、もう気が遠くなるようでした。視界が歪み、泡を吹いて倒れてしまう自分がありありとイメージできるのです。普段の仕事での数分のアナウンスですらボロボロなのに、このままでは完全に終わる。。。

この本番の日が決まって、私は初めて腹をくくることができました。今考えると、当時の私は、あがり症の事実から目をそむけ、一方でそれを他人に知られたくない。プライドはあるのに自信がない。そんなアンバランスさで、いっぱいいっぱいでした。

その日から「これまで学んだことを実践しよう」と決心し、すべての資料を引っ張り出し、自分のあがり症克服プランをまとめ、ただただそれを10日間実践しました。そうして迎えた初めての講演会は大成功に終わり、私はあがり症を無事卒業することができました。

勇気を持って人前で話す機会を受け入れよう

実は普段からずーと緊張していたんでしょうね。あがり症を克服してからは、心が軽くなって毎日がバラ色みたいな感じになりました。

あと、人との出会いを楽しめるようになりました。それによって訪れるチャンスなどを掴めるようになりました。あがり症であった自分は色々な機会から遠ざかる選択していたんだなぁと今は思います。

あの時に講演を断っていたら、今でもあがり症だったかもしれません。たまに、あがり症を克服したら人前で話したいとおっしゃる人がいますが、それだとなかなか克服できません。

もしあなたがあがり症を本気で克服したいと思っているなら、勇気をもって本番の機会を受け入れましょう。それが克服のために必要な第一歩です。

  • 極度の緊張・あがり症はアプローチを間違えると克服できない

    動画インタビュー

  • セミナー動画(ダイジェスト)

  • 友人の披露宴の演奏

緊張しすぎずに英語プレゼンを楽しむ方法
あがり症を克服して面接を楽しもう

略  歴

極度のあがり症に長年苦しむが、ある依頼をきっかけに克服を決意。脳科学・心理学を中心に学び、それらをもとに考えた手法で僅か10日間で克服する。

「人は短期間で劇的に変化できる」という実体験に基づき、全国規模の国家資格予備校のメンタルコミュニケーショントレーナーとして、働きながら勉強にはげむ10,000人以上の受験生の相談役を8年間務める。同予備校の経営者としても活躍。代表取締役に就任して直ぐ、売上前年比350%アップを果たし、業界No.1 の予備校とする。

2010年、ヴィゴラスマインドを立ち上げ、極度の緊張、あがり症を克服するためのサポートを開始する。徐々に変化を促す一般的なものとは異なり、短期間に劇的な変化を起こすトレーニングが人気を博している。

講演・セミナー

全国の商工会議所、企業等で、人前で話すのがラクになる方法や、脳科学やコミュニケーションに関するテーマについて、講演・セミナーをしています。

金光サリィの講演・セミナーの写真

取  材

メジャー雑誌の話し方特集において、人前でラクに話す方法について取材を受けています。
WEBメディア:PRESIDENT Online

PRESIDENTや話し方の極意などの雑誌のカバー

著  書

脳科学にもとづいた緊張・あがり症克服方法を体系的にまとめた通称「魔法本」と、緊張・あがり症の人に多い他人の目が気になる方に向けた小説風の通称「黒猫本」を出版しています。

テキストのコピーはできません。