1日で長年の極度のあがり症を克服した人のお話

「こんなに気持ちよく人前で話せたのは生まれて初めてです!」
と、
興奮した様子で喜びの電話をくれたのは、
本番の前日にあがり症克服トレーニングを受けられた方でした。

小学生時代からの年季の入った極度のあがり症だったらしく、
「到底1日では治らないだろう」と思っていたそうです。

その彼女から「克服体験談」が届いたのでご紹介します。

あがり症克服トレーニング

イメージすることの真のパワーが分かった

極度のあがり症で30年近く悩んでいた

私は40代の主婦です。
極度のあがり症で人前に出るとうまく話をすることができず、
30年近くずっと悩んでいました。

小学校2年か3年の時に、
先生の意図と違うことを答えてしまったのがきっかけで、
人前で話すのが恥ずかしくなってしまいました。
5、6年生でそれはもっとひどくなり、
社会人になってからも人前で話す機会をずっと避けてきました。

子供の学校関係の懇談会などに参加したときには、
ちょっとした発言にも異常に緊張し、
それが終わると誰とも話をしないで、嫌な気持ちで帰るのが常でした。
家に帰ってからもしばらく嫌な気持ちを引きずっていました。

どうにかしなければと近くの図書館で検索し、
サリィさんの本を見つけ、
楽しそうで読みやすそうな雰囲気を感じて借りて帰りました。
自分自身でやってみたところ、
前より幾分ラクに話せるようになりましたが納得がいかず、
サリィさんのトレーニングを受けてみました。

たった一日で、人前で楽に話せるように

実はトレーニングの翌日に、参観懇談会でのスピーチがあり、
1日では無理だろうと正直ダメ元で受けました。

「今日一日のトレーニングで明日の本番に間に合いますか?」
と一応聞いてみると、「大丈夫ですよ!」とサリィさん。
『サリィさんの言葉を信じてとにかくやるしかない!』
と気合いを入れて、教わったことを実践しました。

その結果、
長い間あがり症で悩んでいたのがウソのように、
たった一日で人前で楽に話せるようになりました。

そのうえ、発声練習などまったくしていないのに、
声にハリが出たのを自分でも実感しました。

サリィさんから教わった自宅トレーニングを実践した時間は、
通算すればおそらく30分程度でしょうか。
イメージすることがこんなにも
パワーがあるとは思いませんでした。
中でも、私にピッタリのセルフイメージを
一緒に考えてもらえたことがすごく良かったです。

あれ以来、おかげさまで人と会うのがとても楽しくなりました。
しかも、いろいろな人に声をかけてもらったり、
新しいお友達ができたりで、本当にうれしい事ばかりです!
「運が開けてきた~!」と実感中です^^

あがり症が克服できただけでなく、
人生を楽しむコツを教えて頂いたと感謝しております。
すべてを前向きに考えられるようになり、楽しい毎日です。
サリィさん、本当にありがとうございました。

あがり症を克服しやすい人とは

もちろん私も、「明日の本番に間に合いますか?」と聞かれて、
やみくもに「大丈夫ですよ!」と答えたわけではありません。
あがり症を克服しやすい人の特徴がいくつかあり、
彼女はそれらを満たしていたからです。

その特徴のひとつは、
「楽しい」とか「ワクワクする」といったプラスの感情が豊かなこと
です。
これは顔の表情を見ているとだいたい分かります。

極度のあがり症の人は、
スピーチ練習や場慣れといった一般的な方法では克服できません。
人前で話すイメージを事前に「プラスの感情」で
ポジティブなものに更新しておくことが克服の秘訣
なのですが、
感情が乏しすぎるとそのイメージの更新に時間がかかります。

参考:あがり症がなかなか治らない人の3つの誤解

とはいえ、プラスの感情が全くない人はいませんよね。
誰でも、きれいな景色をみたり、美味しいご飯を食べたり、
小動物を見たり、赤ちゃんや子供を見た時など、
「きれい」「美味しい」「かわいい」などと
プラスの感情がわく瞬間があると思います。
こういった機会を意識的に増やし、
大げさに反応するようにすることで必ず変わっていきます。

もうひとつ特徴をあげると、
入ってくる情報に対しての「素直さ」
です。
その素直さはどのように分かるかというと、主に言葉使いで分かります。

「でも」「どうせ」「だって」
(すべてDから始まる3D言葉と言われています)
などの言葉を無意識に使っている人は、
それがどんなに有益な情報だったとしても、
なかなか受け入れることができません。

素直さがある人は、3D言葉を使っていません。
「なるほど」「そうだったのか」と情報を受け入れることができます。


その他のあがり症を克服した人の体験談は、下記よりお読みいただけます。
あがり症の人がどのような症状に悩み克服されたか、
読むと勇気をもらえる内容ですよ。↓↓↓
あがり症克服体験談まとめ

あがり症のための脳科学にもとづいたメンタルトレーニングの礎を築いたパイオニア。自身が極度のあがり症に苦しんでいた時期がある。ひどいあがり症の人ほど、スピーチ練習や場数、呼吸法などではなく、メンタルトレーニングが必要と伝えている。
「人前で話すのがラクになる!5つの魔法(ダイヤモンド社)」は、今までにないあがり症克服本としてAmazonランキング総合2位(話し方・プレゼン部門1位)。現在10刷りのロングセラー。

克服本の試読はこちら【無料】

脳波研究第一人者おすすめ「人前で話すのがラクになる!5つの魔法(ダイヤモンド社)」の試読版PDF(無料)がお読みいただけます。

よく読まれている記事

テキストのコピーはできません。