緊張で息苦しく声が震えても発声練習は不要

ヴィゴラ~ス!緊張・あがり症克服の専門家 金光サリィです。

あがり症克服トレーニングを受けに来てくださる方の中には、いろいろな症状に悩まされている人がいます。

その中でも多いのが、プレゼンや朝礼など人前で話す時に、緊張して「息が苦しい」「声が詰まる」「声が震える」というもの。

聞けば、その症状を改善するために、腹式呼吸を意識した「発声練習」を毎日一生懸命してきたという人も少なくありません。

発声練習

息苦しさや声の震えは発声練習で改善できない

胸式呼吸ではなく丹田を意識した腹式呼吸で「あ、え、い、う、え、お、あ、お」と発声練習を毎日する。果たしてそれで、息が苦しくなくなるのか、声が震えなくなるのかといえば、答えはNoです。

確かに、ヨガや瞑想のように、ゆっくりと腹式呼吸で息を吸ったり吐いたりを長時間繰り返せば、副交感神経が優位になり、リラックスすることはできます。しかし、だからといって腹式呼吸で声を発しても緊張は抑えられません。

もしこの理屈で症状を改善できるなら、腹式呼吸のスペシャリストともいえるミュージシャン(オペラ歌手など)が、私のあがり症克服トレーニングに、緊張して息ができない、声が震えるといって相談には来ないでしょう。

緊張で息が苦しく声が震える原因

そもそも、なぜ緊張して人前で話すと、息が苦しくなったり声が震えたりするのでしょうか。

人は、過去に人前で何らかの苦い経験(大失敗した、大恥をかいた、馬鹿にされた等)があると、人前に対してネガティブなイメージがくっついてしまいます。

この状態で人前に出ると、脳が「今は危険な場面だ」と認識し、「戦うため、または逃げるため」に力を強く出そうとします。このため、緊張時に優位になる交感神経は、「闘争と逃走の神経」とも言われています。

人は、強く力を出す時には息が止まるようにできていますよね。例えば、腕相撲をするときなどを想像すると、止めようとしていないのに息が止まることが分かると思います。

一方で、話す時は息を吸ったり吐いたりする必要があります。この真逆の行動が同時に発生することによって、息が苦しくなったり、声が震えたりしてしまいます。

どうすれば緊張せずに人前で話せるか

人前に対してネガティブなイメージがくっついているという「原因」があって、脳が過敏に緊張反応して息苦しさや声の震えなどの「症状」が出ているのです。

「原因」が解消できれば「症状」は出てきませんから、するべきことは「発声練習」ではなく、人前に対するネガティブなイメージを事前に取り除き、脳が「人前」を「危険」と認識しないようにすることです。

人前で話す本番を想像したとき、嫌な気分が湧いて逃げたい気持ちになるなら、本番当日は緊張してしまう確率が高いでしょう。

嫌な気分ではなく、ワクワク楽しい気持ちが湧いて来るようにイメージを事前に変えておくことで、本番はうまくいきますよ。

脳の仕組みに沿ったイメージを変える方法は、こちらに詳しく書いています。

アマゾン書籍総合2位のあがり症克服本

あがり症克服トレーニングの体験談です。とても勇気をもらえる内容なので、こちらも合わせてお読みください。

この記事を書いた人

金光サリィ
あがり症克服の専門家

極度のあがり症・赤面症に長年苦しむが、脳科学・心理学を中心に学び考えた手法で、短期間に克服する。その方法をまとめた「人前で話すのがラクになる!5つの魔法(ダイヤモンド社)」は、今までにないあがり症克服本としてAmazonランキング総合2位(話し方・プレゼン部門1位)を獲得。現在10刷りのロングセラー。徐々に変化を促す一般的なものとは異なり、劇的な変化を起こすあがり症克服トレーニングが人気。

よく読まれている記事

【無料】試読版が読めます!

脳波研究第一人者おすすめ「人前で話すのがラクになる!5つの魔法(ダイヤモンド社)」の試読版PDF(無料)がお読みいただけます。

テキストのコピーはできません。