人前でラクに話すために出来るバリ簡単なこと

桐嶋、部活やめるってよ(広島弁)

私は福岡の北九州市生まれで、小学3年生から広島に引っ越しました。転校してすぐに、「言葉がヘンだ」と指摘されました。

例えば「桐島、部活やめるってよ」という映画のタイトル。

北九州弁では「桐島、部活やめるんっち」、
広島弁では「桐島、部活やめるんと」となります。

「ち」が「と」になったり、イントネーションが違ったりするだけで大いに戸惑い、しばらく人に声をかけられなかったことを覚えています。

バリバリの広島弁を話せるようになった私は、そのまま社会人になりました。

県外のいろんな場所に出向いてお客さんへ簡単なアナウンスをしなければならなかったのですが、初めてアナウンスをした日に「広島弁すぎる」と指摘されました。

標準語を知ってはいるものの、日頃使ったことがなかったために、いつもの言葉しか出てこなかったのです。

当時ひどいあがり症だった私は、そのために余計に緊張して、話すのが困難になったのを覚えています。

同じように、いつもネガティブな言葉ばかり使っている人が人前に出た時に急にポジティブな内容を話そうとしても、いつも使っていない言葉なのでスムーズに言葉が出てきません。

普段、論理的に話していない人が人前で急に論理的に話そうと思っても難しいでしょう。

自分自身が人前でどんな言葉でどんな事をしゃべりたいのかを考えて、普段の言葉使いをそれに合わせておくだけで、話すことがとてもラクになりますよ

極度のあがり症・赤面症に長年苦しむが、脳科学・心理学を中心に学び考えた手法で、短期間に克服する。その方法をまとめた「人前で話すのがラクになる!5つの魔法(ダイヤモンド社)」は、今までにないあがり症克服本としてAmazonランキング総合2位(話し方・プレゼン部門1位)を獲得。現在10刷りのロングセラー。徐々に変化を促す一般的なものとは異なり、劇的な変化を起こすあがり症克服トレーニングが人気。

よく読まれている記事

【無料】試読版が読めます!

脳波研究第一人者おすすめ「人前で話すのがラクになる!5つの魔法(ダイヤモンド社)」の試読版PDF(無料)がお読みいただけます。

テキストのコピーはできません。