緊張あがり症の為の話し方教室・セミナーの失敗しない選び方

本トピックは、話し方教室やセミナー選びの失敗談をお客様から頻繁に聞くようになり、まとめました。

話し方教室やセミナーの選び方のイメージ

判断基準の必要性

「あがり症克服セミナーに参加したら、講師が緊張していてこりゃ駄目だと思った」「場数では治らないとうたっているのに、通ってみたら結局は場数が必要と言われた」、これらは紛れもないお客様から伺った実話です。

インターネットの普及とともに情報の入手が容易になり、他人のコンテンツを流用して、だれでもHPやブログ等でもっともらしいことを発信できる時代になりました。結果、正体不明の顔の見えないビジネスが本当に増えました。

時間とお金を浪費しないためには、ネット検索で上位表示されているとか、HPなどに良いことが書いてあるから、なんとなく選ぶといったものではなく、具体的な判断基準が必要です。報酬率の高い順に商品のランキング付けを自作しているページなどは論外です。

今はお金を払えば脚本付きでTVに出演できます。TVに出演しているとか本を出版しているとかは判断基準になりません。あくまで内容がどうかです。遠回りしないためにぜひ参考にしてください。

具体的な判断基準

  • しっかりとあがり症を克服しているか?

    冒頭で述べたように、トレーナー(講師)があがり症を克服できていない場合があります。これは伝えている克服方法が間違っているか、自分のものにしていない証拠です。数十人ではなく数百人以上のごまかしがきかない規模での講演などの実績があるかが目安になります。

  • 発信している克服方法が納得できるか?

    HPやブログなどで、どんな克服方法かを確認しましょう。とはいえ私も含め、みんながみんな自分の方法が一番良いと言いますから、断面的な情報だけで判断するのは難しいと思います。トレーナーが本を出版している場合は、それを必ず読んで体系的に納得できるものを選びましょう。

  • 克服方法が第三者の評価を得ているか?

    単にトレーナー自身がその方法で克服できたというものではなく高い汎用性が必要です。第三者(該当分野の博士・研究者など)から評価を得ているかを確認しましょう。

  • 実際に克服された人の情報があるか?

    HPにあがり症を克服された方の声があるかを確認しましょう。短い文章が少しあるだけ、なんだか具体性に乏しい、根拠のない大きな数字が並んでいる場合は、候補から外した方が無難です。

  • もともとあがり症であったか?

    少し緊張しいだったとか、もともと話すのが得意な人では、あがり症の複雑な心境を理解するのは難しいです。トレーナーのプロフィールを見て、もともとあがり症であったかを確認しましょう。

トレーナー金光サリィの著書の紹介ページはこちら
人前で話すのがラクになる!5つの魔法(ダイヤモンド社)