脳の仕組みに逆らわない緊張・あがり症の改善方法

脳科学に基づくあがり症改善のイメージ

そもそも、あがり症を克服した状態とは??

突然ですが、あがり症を克服した状態とはどういう状態だと思いますか?こう質問をすると、「落ち着いていて、上手に話せる状態」という答えがよく返ってきます。

私(トレーナー 金光サリィ)もあがり症で悩んでいた時には同じように勘違いしていました。けれども、あがり症でない人は、はたして全員、大勢の前で落ち着いていて話し上手なのでしょうか??

答えは、傍から見て、どんなに落ち着きがなく上手に話せていなくとも、本人が人前で話すことに対してネガティブなイメージを持っていなければ、その人はあがり症とは言えません。

間違った認識がスピーチ練習に走らせる

しかし、この間違った認識のために多くの人が、話し方教室やセミナー(緊張・あがり症の克服をうたっているところも含む)などに通い、話の組み立て、間の置き方、腹式呼吸などを習い、皆の前で発表する機会を持ちます。

一部の例外を除きこういったアプローチではあがり症は克服できません(参照:緊張・あがり症が場数を踏んでも改善しない訳)。この結果、かなりの人が時間やお金を掛けても一向に克服できないという蟻地獄にはまってしまいます。

あがり症とは、あなたの脳が「人前=危険」だと認識し、あなたを守るために、良かれと思って引き起こしている一種の防衛本能です(参照:緊張・あがり症になった理由が必ずある)。

体は臨戦状態なのに・・、落ち着いて上手に話すことを目指す。これは生理的にとても困難なことです。

克服するにはイメージの更新が必要

もうお分かりのように、あがり症を克服するには、あなたの脳の中の「人前=危険」という認識を変えて、人前で話すイメージをポジティブなものに更新しておく必要があります。

事前に人前で話すイメージをポジティブなものに更新しておけば、本番であがらないで話せるようになります。

これが脳の仕組みに逆らわない正しい改善方法です。スピーチ練習などに無駄な時間とエネルギーを使わないことで短期間で効果的に克服できます。

また、あがり症の改善方法は、効果があるだけでなく、誰にでも実践できる内容であることが大切です。難しくて実践困難な改善方法では意味がありません。

金光サリィ式メソッドは簡単なのに非常にパワフルです。脳波研究第一人者の志賀博士から、脳科学の観点から納得できる内容と推薦文をもらっている信頼のメソッドです。

詳しくはあがり症克服の決定本をお読み下さい。