脳の仕組みに従った緊張・あがり症の克服方法

脳科学に基づくあがり症改善のイメージ

そもそも、あがり症を克服した状態とは??

突然ですが、あがり症を克服した状態とはどういう状態だと思いますか?こう質問をすると、「落ち着いていて、上手に話せる状態」という答えがよく返ってきます。

私(トレーナー 金光サリィ)もあがり症で悩んでいた時には同じように勘違いしていました。けれども、あがり症でない人は、はたして全員、大勢の前で落ち着いていて話し上手なのでしょうか??

答えはNoです。傍から見て、どんなに落ち着きがなく上手に話せていなくとも、本人が人前で話すことに対してネガティブなイメージを持っていなければ、その人はあがり症とは言えません

間違った認識がスピーチ練習に走らせる

この間違った認識のために多くの人が、話し方教室やセミナー(緊張・あがり症の克服をうたうところも含む)などに通い、話の組み立て、間の置き方、腹式呼吸などを習い、皆の前で発表する機会を持ちます。

しかし、これらのスピーチ練習は、人前で話すイメージをよくすることを第一としていません。症状が軽い人は、これでもイメージがよくなることに結びつくかもしれませんが、人前に出ると反射的にあがってしまうレベルの場合は満足のいく結果は望めないでしょう。

繰り返しますが、あがりの症状は、脳が「人前=危険」と認識して生じる、一種の防衛本能によるものです(参照:緊張・あがり症になった理由が必ずある)。人前に対するイメージが改善しなければ、生理的な反応である防衛本能は到底抑えることができません

人前に対するイメージをよくしないまま本番に臨んでも、いつも通り防衛本能が発動しあがってしまいます。前のトピックで書いたとおり、本番で失敗を積み重ねることで、逆にあがり症が悪化する可能性もあります。

克服するにはイメージの改善に特化すること

もうお分かりのように、事前に人前で話すイメージをポジティブなものに更新しておけば、防衛本能が過度に発動せず、本番でドキドキバクバクとあがらないで話せるようになります。

このためには、ダイレクトにイメージをよくする取り組みが必要です。これが脳の仕組みに従った正しい克服方法です。スピーチ練習などに無駄な時間とエネルギーを使わないことで、短期間に効果的に克服できます。

また、あがり症の克服方法は、効果があるだけでなく、誰にでも実践できるものであることが大切です。難しくて実践困難な克服方法では意味がありません。

金光サリィ式メソッドは簡単なのに非常にパワフルです。脳波研究第一人者の志賀博士から、脳科学の観点から納得できる内容と推薦文をもらっている信頼のメソッドです。

詳しくは「あがり症克服の決定本」をお読み下さい。