一般的な話し方教室と金光サリィ式メソッドの大きな違い

一般的な話し方教室との違いのイメージ

一般的な話し方教室やセミナーの特徴

一般的な話し方教室やセミナー(緊張・あがり症の克服をうたっているところも含む)などは、「落ち着いて上手に話すこと」を目指します。

このためにはとにかくスピーチ練習や場数が必要だと、話の組み立て、間の置き方、声のトーン、腹式呼吸などを習い、皆の前で発表する機会を持ちます。

しかし、「緊張・あがり症になった理由が必ずある」でお伝えした通り、ドキドキや震えるなどといったあがりの症状は、脳が「人前=危険」と認識して生じる、一種の防衛本能によるもの。

体は臨戦状態なのに「落ち着いて上手に話すこと」を目指すのは、生理的にとても困難なことです。

こういった状態のままで、練習と称してみんなの前であれこれ指導されても、人前に対するイメージが積極的にポジティブに変わることはありません。ことによっては逆に苦手意識が高まる恐れがあります。

実際の本番ではいつも通り防衛本能が発動しドキドキや震えを感じてしまうので、やっぱり人前で話すのは怖いな~、難しいな~、嫌だな~と感じ、また振り出しに戻ることになります。まさに負のスパイラルです。

また、上記のような話し方教室やセミナーでは話せるようになったけど、本番では散々だったという話をよく耳にします。

これは脳が、話し方教室やセミナーでの発表は危険ではない、失敗が許される場所と認識できたので、そこでは話せるようになっただけです。

実際の本番は、温かく見守ってくれる先生や生徒のみんなもいない全く別の場所です。このためいつも通り防衛本能が発動してあがってしまいます。

本番が失敗で終わった後も、なまじ話し方教室やセミナーでは話せているので、スピーチ練習に固執してしまいます。

真実は、「スピーチ練習によって話せるようになった」のではなく、「脳が、話し方教室やセミナーでの発表は危険ではないと認識できたから話せるようになった」のにです。

そして、なかなかあがり症が克服できないと先生に相談すると、あなたの練習が足りないからもっと通いなさないと言われるだけ・・。最後には、私はあがり症を克服できない人間なんだと諦めてしまうわけです。

金光サリィ式メソッドの特徴

金光サリィ式メソッドでは、人前で話すイメージをポジティブにすることに集中します。

具体的には、脳科学にもとづいた方法で、あなた自身のイメージ(セルフイメージ)と実際に話す場面(シチュエーション)のイメージを変えます。

事前にイメージをポジティブなものに更新することで、本番であがらないで話せるようになります。その時の成功体験を脳の記憶にしっかり上書きし、この日をあがり症からの卒業日とします。

金光サリィ式メソッドは、脳波研究第一人者の志賀博士から、脳科学の観点から納得できる内容と推薦文をもらっている信頼のメソッドです。全て自宅で取り組める内容です。

金光サリィ式あがり症克服サービス一覧

一般的な教室・セミナーと金光サリィ式の違い

一般的な教室など 金光サリィ式
内容 教室などに通って、話の組み立て、間の置き方、声のトーン、腹式呼吸などのスピーチ練習を行う 自宅で、セルフイメージと実際に話す場面のイメージを脳科学に基づいた方法でポジティブにする
人前で話す
イメージ
教室などでの発表時のイメージがよくなる程度。下手をすると悪化する恐れがある 良くなる
防衛本能 過度に発動 適切な範囲
本番後 ドキドキした→やっぱり怖い、難しいな~、嫌だな~→人前のイメージ悪化→振り出しに戻る 楽しかった→リアルでの人前のイメージ改善→また話したい(=あがり症克服)