芸能人のローラさんはあがり症なのか??

ヴィゴラース!!あがり症克服の専門家の金光サリィです。芸能人のローラさんが「ローラ あがり症」とインターネットで多く検索されているようです。なるほど、ほっぺたが赤くなる動画が幾つかありました。とっても可愛いですよね~。はたして、ローラさんは本当にあがり症なのでしょうか?

赤面症

あがり症かそうでないかの違い

「あがり症を克服した状態とは、どういう状態ですか?」。この質問をすると、「人前で落ち着いて上手に話せる状態」という答えがよく返ってきます。多くの人がここを勘違いしています。私も極度のあがり症で悩んでいた時にはそう信じていました。

あがり症でない人は、全員、落ち着いていて、話し上手なのでしょうか?答えを言うと、傍から見て、どんなに落ち着きがなかったり、顔が赤くなったり、上手に話せていなくとも、本人が人前で話すことを楽しいと感じていれば、その人はあがり症とは言えません。

あがり症は場数では治らない

あがり症は場数を踏めば治るとよく言われますが、本当にあがり症の人は場数を踏むほど症状が悪化します。あがり症を克服できずに悩んでいる方は、うんうんその通り!と頷いている方も多いのではないでしょうか。以前の私がまさにその通りでした。

あがり症の人は、人前で大きな失敗をした、恥をかいたなどのネガティブな経験が必ずあるはずです。それが積み重なったりインパクトがあると「人前=危険」というイメージが脳に記憶されてしまいます。この状態のまま人前に立つと、防衛本能が発動し、心臓がドキドキしたり手や足が震えたりします。結果、人前でうまく話せなくなります。

しかし、多くの人があがり症を治すには場数が必要だということで、何度も何度もスピーチ練習をして本番に臨むのですが、人前でのイメージが変わっていないので、やはりいつものように防衛本能が発動してしまいます。そして、「やっぱりうまくいかなかった」という記憶だけが積み重なり、余計にイメージが悪くなりあがり症が酷くなっていきます。

あがり症は根性論ではなく、脳科学にもとづいた方法で、事前に人前に対するイメージをポジティブに書き換えすることで克服できます。詳しくは、金光サリィ式メソッドをまとめた次の本をご覧ください。

人前で話すのがラクになる!5つの魔法(ダイヤモンド社)

芸能人のローラさんはあがり症ではない

ローラさんがテレビに出る度に声がどんどん震えるようになったり、赤面がどんどん酷くなっているかと言えばそうではなさそうです。もしそうであれば、テレビに頻繁に出演することは難しいはずです。

ローラさんご自身がどう思っているかは別として、私の考えではローラさんは、あがり症ではなく、シャイ、恥ずかしがり屋といったレベルでしょう。