あがり症を克服してセミナー講師になれた

本記事はあがり症克服動画インタビューの文字起こし版です。動画版はこちらでご覧いただけます。

どういったあがり症の症状だったのですか?

以前はですね、本当にずっとあがり症が続いていまして、人前で話すと必ずあがって声がうわずってしまって話せないというのと、あと営業だったので営業研修が結構あったんですけれども、そういったところで講師の方から意見を求められた時ですとか、必ず言えなくて黙ってしまったり、声が上ずってしまうということが多かったです。

自分が主催する朝のミーティングでも部下の前で緊張して話せなくなってしまってですね、お客様から連絡がかかってきたふりをして外に出て緊張をほぐしてまた戻る重度な症状でした。

トレーニングの効果はどうでしたか?

トレーニングを受けた後に本当に劇的に変わりまして、その翌日がちょうど営業の研修だったのですが、その時にはその講師の方が誰を指す訳でもなく問題についてどう思いますかという質問をされた際に、私がいの一番にですね、それはこういうことだと思いますとサラッと言えたんですね。

劇的に1日でこんなに積極性あったかなと自分でも思うぐらい、あがり症というのが改善されてました。

トレーニングを受けたきっかけは?

いよいよ人前で話すことができないと、本当にいくら営業成績が良くても発表ができないので、かなりデメリットだなぁと感じるようになって。

書店に何とか克服できる本がないかという思いで行ってみたところ、サリィさんの本を見つけて、他にも何冊か本があったんですけども、サリィさん自身もあがり症だったという内容があったので一番わかりやすくて内容の理解もできそうだなと思ったので手にとって家に帰って読んでみてですね。

読み終わった後にこれはセッション(トレーニング)を受けた方がいいと思ったのでそのままメールをしてセッションの予約をしました。

今はセミナー講師として研修をされているのですか?

そうですね、企業研修をする事業で独立をしまして、当時は本当に考えられなかったんですけれども、先日も100名くらいの前でセミナー講師として研修を行なっている状況です。

人前で話すこと以外で役立っていることはありますか?

人前で話せないという理由で、すごい当時は消極的だったなと思います。今はもう積極的になったなと自分でも思いますけれども、気になった方がいたら自分から声をかけに行って連絡先を交換してプライベートでもあったりとかして。

それが今の事業を始めてからサポートをして頂けたりですとか、非常に有意義な交友関係が広がったなと思っております。

あがり症を克服して変わったことはありましたか?

そうですね。もともとすごい前職の時もいろんな取組はかなりしていたのですが、それがどうしても話せなかったので伝えきれていなかったですね。

ただあがり症が改善されたことによって、こういったこともやっています、あぁいったこともやっています、実はその裏でこんな取り組みをしていますと、いい意味でアピール上手になったかなと思います。

あがり症を克服したいと思っている人へ

私もそうだったんですけれども、どうしてもなかなかあがり症は克服できるものではないと自分では思ってしまうので、自分はこういうタイプなんだということで自分に蓋をしていたように思うんですね。

ただサリィさんのセッションを受けて本当に1日で劇的に変化をして克服することができたので、ぜひサリィさんのセッションを受けて自分の殻を破って、その先にはもっともっとさらに楽しいゾーンが待っているので、そのような経験をもっともっとしていただくといいのかなと思います。

  • あがり症克服トレーニングを詳しく読んでみる
  • あがり症克服DVDを詳しく読んでみる