あがり症の私が100人の前で講座を開催できた

本記事はあがり症克服動画インタビューの文字起こし版です。動画版はこちらでご覧いただけます。

あがり症克服トレーニングを知ったきっかけは?

サリィさんはもともと本で知ったんですけど、たまたま地元の図書館で沖縄関連本ということで黒猫本の方をピックアップされていまして、これどんなものかなと思って興味を持って借りたのがきっかけでした。

そしてすごく本の内容も良くて、はーっと思ってプロフィールのところを見たんですね。そうしましたら、「人前で話すのが楽になる5つの魔法」というこの本を見て、これ私にとって必要なものだなと思って、この本をまた借りました。

そして、その後(本を)買ったんですけど、それで初めて(サリィさんの)あがり症克服サービスのことを知りました。

トレーニングを受けようと思った理由は?

本で知った後に、たまたま沖縄でイベントを開かれたので参加したんですけども、そこで実際に初めてサリィさんにお会いして、とても親近感がある方だなぁと思いました。それでトレーニングを受けようと思いました。

その時、1ヶ月後にセミナーをする予定がありまして、あがり症の方もより詳しく聞きたいということと、後セミナーの内容に関する相談をしたいと思い依頼しました。

実際にトレーニングを受けてみてどうでしたか?

受けてみて、より本で知った内容やそれ以上に色んなことを教えて頂いて、直接お話を聞くことで自分の中に本当に落ちるというかスーッと入ってきてよく理解できました。そして、自信を持ってセミナーをすることができました。

トレーニング以前は、どういった感じでしたか?

以前は、自己紹介がとても苦手で自己紹介をしてくださいと言われると、すごくドキドキして頭が真っ白になって話せないということがありました。

あとは、本読みですね。音読が苦手で、本を読むと声が震えたりしていました。そう言った感じでしたので、セミナー講師になれるなど全然思ってもいなかったです。その時は。

受けた後は、あがり症はどのように変わりましたか?

自己紹介をしてくださいと言われても少しドキッとすることがあっても、以前のように真っ白になったりとか声が出なくなるということはなくなりまして、普通にできていると思っています。

あとは本読みに関しては、息子の小学校で読み聞かせをしたり楽しくやっています。

お仕事(講座)は、どういった感じなのですか?

人数は大体10名から20名前後です。公共の施設・機関からの依頼もありまして講座をやったりしています。一番大きい時では、100名くらいの前でお話をさせていただいたこともありました。

普段の生活に活かせていることなどはありますか?

普段の生活では、私は子供が2人いるんですけれども、上は小学1年生の息子と下が1歳半の娘がおりまして、子育ての中での声がけに非常に有効だなぁと思って使わせていただいています。

例えば、水のコップをこぼしちゃダメだよーというよりは、コップをしっかり持っていてねという風なポジティブな言い方に言い換える事で、すごく本人もわかりやすいですし、私も言っていて楽しいですね。

これからあがり症を克服したいと思っている人へ

これからあがり症を克服されたいと思っている方には、ぜひサリィさん実物はとっても可愛くて優しいですので、全然怖くないです。親身になって聞いてくれるので、ぜひ一度会って、一歩踏み出して行動してみてもらいたいなぁと思います。

そして人って変われるんだなぁと実感してもらいたいなぁと思います。

  • あがり症克服トレーニング
  • あがり症克服オンライン動画講座