自分の発表動画を見たらとても笑顔だった

本記事はあがり症克服動画インタビューの文字起こし版です。動画版はこちらでご覧いただけます。

トレーニングを受ける前はどんな症状でしたか?

ある講師コンサルの講座を受けたのですけれども、そこで5分間の自己紹介を皆さんの前に立ってするっていう課題が与えられました。

自分の歴史を振り返りながら5分で喋れる内容を箇条書きにして読む練習を家でしていて、本番当日になって自分の番が来たらもう心臓がバクバクしてしまって、皆さんの前に立った途端に頭が真っ白になって声も震えてしまって、もうその原稿を読むのが精一杯で声を振り絞って、こうやっと読み終えたという感じだったんですね。

その講座の次の課題が15分の自分のプレゼンを作って皆さんの前で発表するというもので、自己紹介ですら全然できなかったのに、15分のプレゼンなんてどうしようと思っていました。

その時に、サリィさんの黒猫本を知ってすごい感動して、最後のほうにサリィさんがあがり症克服のセッション(トレーニング)をやっているという事も知って、あとこの5つの魔法の本も出されているということを知ったので、まず本を読んでみようと思って読んだんですね。すごい面白くてわかりやすいし私の思っていた方法と全然違かったので、これは藁をもすがるつもりで申し込んでみたんです。

あがり症克服トレーニングはどうでしたか?

スカイプセッションだったんですけれども、パソコンの前に現れたサリィさんがすごい可愛くてその時点でもう嬉しくなりました。

セッションは発表する内容をキーワードで箇条書きにしないで、キーワードで書いて紙の1枚にまとめるっていうふうに教えてもらって、サリィさんと一緒に私のプレゼンの内容に合わせたカンペを一緒に作ってくれて、あとは成功しているセルフイメージを漫画みたいにして絵に書いて、これもサリィさんと一緒に書いてこれを毎日発表する10日くらい前から毎日見るようにして読む練習ではなく、成功するイメージを毎日持つようにしていました。

その後の発表では人前でうまく話せましたか?

発表当日は、早く自分の順番こないかなぐらいに思えるようになっていて、皆さんの前に立ったら、みんながこう笑顔で私を見ている気持ちになれました。

発表している動画をあとで見たのですけど、笑顔が結構出ていて、緊張を味方にしてテンション高くできて、終わった後も「やったー成功!」というガッツポーズを裏でやって終わらせることができました。

話すこと以外で役に立っていることはありますか?

お客様とのカウンセリングもスムーズできるようになったり、前向きな気持ちでいつも過ごせるようになって、なんかいつも楽しい感じ。ポジティブな気持ちに普段からなれるようになりました。

あがり症克服しようと思っている人へのメッセージ

サリィさんの「人前で話すのがラクになる5つの魔法」という本を読むことをお勧めしたいです。

私は直接セッションを受けたんですけれど、セッションを受けると本当に考え方がガラッと変わるので、私みたく最初は箇条書きにして読んでいたりとか、もう慣れだよって相談する人にそう言われたりとかして、一生懸命練習してきたんですけれど、そうじゃなかったってことがわかりました。こんな私でも人前で話せるようになったのでぜひお勧めしたいです。

  • あがり症克服トレーニングを詳しく読んでみる
  • あがり症克服DVDを詳しく読んでみる