日本人にあがり症と英語が苦手な人が多い理由

あがり症克服の専門家の金光サリィです。日本人は、人前で話す時に極度に緊張(あがり症)したり、英語を話すことが苦手な人が多いと言われています。

先日、英語留学に行った際に元アップルのシニアマネージャーであったBrighture CEOの松井博さんと対談(あがり症克服の専門家 金光サリィさんに聞く、緊張しすぎずに英語のプレゼンテーションを楽しむ方法)させてもらったのですが、あらためてこの2つの状況を生んでいる根本的な性格や原因は同じだなと確信しました。

あがり症と英語

完璧に話すべきという思い込みが激しい

1つ目は、話すことの楽しみを忘れて、間違わずに完璧にしゃべらなければならないと思っていることです。

あがり症で悩んでいる人の多くが間違わずに完璧に話すことを目指して、話の組み立て方や声の出し方などの練習に走り逆効果になっています。少しでも駄目だったら自分にバツ印をつけてどんどん苦手意識を増していく。苦手意識が増せば増すほど人前に出るのは辛いばかりで、克服への道が遠のいていきます。

英語が苦手な人も間違わずに完璧に話すことを目指して、文法や単語を覚えることばかりに注力し逆効果になっている傾向があります。複雑な文法を使いこなせないと話せない。知らない単語がまだまだあるから話せない。間違えたら恥ずかしい。そう考えて英語でのコミュニケーションを避けていても一向に話せるようになりません。

話している人に対する評価が厳しすぎる

2つ目は、話の中身より、表面的な部分での話し手に対する評価が厳しすぎることです。

あがり症の人は、人前でしゃべっている人が緊張していないか探ったり、自分や他人と比べて話が上手かどうか評価しやすい傾向にあります。それは自分の脳に「人前でしゃべると、聴衆に緊張していないか探られたり、評価されたりするものだ」という無意味なプレッシャーを自分自身に埋め込む行為です。

英語を話す日本人に対する“日本人の”評価も厳しいものがあります。例えばYouTubeなどで、日本の芸能人が英語をしゃべっている動画には、やれ発音が悪いだの文法が間違っているなどの批評コメントが多いことに驚かされます。海外で実際に人と交流すると、非ネイティブスピーカーはそれぞれの母国語の発音に影響を受けた英語を堂々と話していることが分かります。そして、相手の英語が文法的に多少おかしくても、何が言いたいのかを一生懸命に聞こうとしてくれます。

上記の2つは表裏一体です。自分にも他人にも優しく寛大になることがあがり症の克服や英語の上達のための一歩です。もちろん、ビジネスパーソンとして活躍したい場合は、スピーチや英語の発音などの練習や習得は必要です。それまでの過程として、参考にしてもらえると嬉しいです。