謙遜がスピーチに与えるマイナスな印象

スピーチと謙遜

これをやめるだけで、ものすごくいいスピーチになるのに、多くの日本人がやってしまっていることがあります。それは「謙遜」の態度や言葉です。

紹介を受けて舞台に進むとき、聴衆からの拍手に、「いえいえ、そんな拍手なんて・・・」というような態度で、申し訳なさそうに背中をまるめて出ること。

スピーチの締めの言葉に、「お聞き苦しかったかもしれませんが・・・」「まとまりのない話になってしまいましたが・・・」などと謙遜すること。

脳科学的にみると、これはとてももったいない態度や言葉です。なぜなら、度々お伝えしている通り、私たちの脳はとても素直。

恐縮した態度で出れば、自信がないんだな、聞く価値がない話なんだなと思われます。「お聞き苦しい」「まとまりのない」と言われれば、そうだったんだなと認識されてしまうのです。

ですから、これからは人前に出るときに拍手を貰ったら、ありがたくいただいているような態度をしてみましょう。話の最後には、「すごく真剣に聞いてくださって、とても話しやすかったです。ありがとうございました!」などと、お礼のみを伝えましょう。

スピーチは聴衆との場づくりです。一緒にいい学びを得るためにも、始めと終わりの「態度」と「言葉」を変えてみましょう。