女の人が泣いていました

カップルの写真

カフェで仕事をしていると、近くにカップルが座りました。

女性は眉間にシワを寄せ、見るからに機嫌が悪そう。男性は、ずーっと携帯をいじっていました。

しばらくすると女性はしくしくと泣き始めました。泣きながら、自分の方をチラリともみない男性に文句を言い続けているようでした。

もし、この女性にアドバイスを求められたら、私はこのように言うでしょう。

「もう、その場を離れて、一人楽しくショッピングか映画にでも行きましょう!」

自分を満たしてくれる、自分を楽しませてくれるのは相手(彼氏や友達)ではありません。自分自身です。

彼女の例で言えば、「自分の方を振り向いてくれない男性と一緒にいる」という選択をして、自分を苦しめているのは「自分」なんです。早く自分で自分をゴキゲンにしてあげましょう。

自分の一番の味方は、自分であるべきですよね☆

もっと詳しくその方法について知りたい方は、人の目を気にせずラクに生きるために黒猫が教えてくれた9つのこと(大和書房)を手にしてみてくださいね。

この記事を書いた人

金光サリィ

あがり症克服トレーナー

               

極度のあがり症・赤面症に長年苦しむが、脳科学・心理学を中心に学び、それらをもとに考えた手法で短期間に克服する。その方法をまとめた「人前で話すのが楽になる5つの魔法(ダイヤモンド社)は、Amazon書籍ランキング第2位を獲得。現在、10刷りのロングセラー。徐々に変化を促す一般的なものとは異なり、劇的な変化を起こすあがり症克服トレーニングが人気

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • youtube

よく読まれている記事

【無料】試読版が読めます!

アマゾン和書総合2位獲得「人前で話すのがラクになる!5つの魔法(ダイヤモンド社)」の試読版PDF(無料)がお読みいただけます。

脳科学で短期間に克服する
スカイプ/Zoom対応
脳科学で短期間に克服する
スカイプ/Zoom対応