あがり症は知識だけでは克服できない

デッドラインが必要

脳科学に興味を持ちはじめてから色々な知識を収集していた私ですが、実はそれだけではあがり症を克服できていませんでした。ひどいあがり症を人に知られるのが嫌で、友達に飲み会に誘われても相変わらず断り続けていたのです。

「こんなことでは、ずっと変われない」そう思った私はブログに、「誘われたら断らない」と書き込みました。「次に飲み会に誘われたら、がんばって自己紹介してみるぞ!」そんな決意を込めて書いたのですが、その翌日にかかってきた電話は「飲み会への誘い」ではなく「100人の前での講演」でした。

私は全力で断る理由を探しましたが、前日に「断らない」と言葉にした威力は思った以上に凄まじく、10日後の講演の依頼を受けることになったのでした。10日後の講演を想像すると、もう気が遠くなるようでした。視界が歪み、泡を吹いて倒れてしまう自分がありありとイメージできるのです。デットライン(大勢の前で話す日)が決まって、初めて、私は腹をくくったように思います。

「これまで学んだことを実践しよう」すべての資料を引っ張り出し、自分のあがり症克服プランをまとめ、ただただそれを10日間実践しました。そうして迎えた初めての講演会は大成功に終わり、私はあがり症を無事卒業しました。

人生が180度好転した

人前でのあがり症のイメージ

あがり症を克服して、私は人生が180度変化したように思います。今考えると、その時の私は、自分があがり症だという事実から目をそむけ、気付かないフリをし、一方であがり症だということを他人に知られたくない。プライドはあるのに、自信がない。そんなアンバランスさで、いっぱいいっぱいでした。

あがり症を克服し、「人前に出ること=楽しいこと」に変化したら、目の前が明るくなりました。外に出る機会も増え、人に出逢えるようになりました。

仕事では、自信を持って発言できるようになりました。意見が通りやすくなりました。人に明るく注意できるようになりました。人に厳しくも注意できるようになりました。人前で話す機会が増え、現在はそれが仕事の一部になりました。

プライベートでは、素晴らしい人生のパートナーができました。人前でカラオケが気持ちよく歌えるようになりました。面白いことに、ガーターばかりだったボーリングが上手くなりました(笑)一番良かったことは、「チャンスを掴めるようになった」ということかもしれません。一度きりの人生、何でもやってみよう!と思える、そんな自分になれたことがとても嬉しいです。

お問合せボタン