言葉で自分を不自由にしてはいけない

パーティー

数年前、ある結婚相談所が企画する婚活パーティでコミュニケーションに関する講演をさせてもらったことがあります。

会場に着いてびっくり!男女の出会いを求めて参加されている男女の人数が、なんと男性30人、女性2人というアンバランスさだったのです。参加者は私以上にびっくりされていたことでしょう。

主催者からのお願いで、講演後のパーティに私も参加させていただくことになり、席に着くや否や、その場で大変貴重な存在である女性の参加者さんが私の隣にやってきて「サリィ先生、私、結婚をあきらめた方がいいですかねぇ。」と大きな声でおっしゃいました。「どうしてですか?」と尋ねると、「私って理想が高いんですよ。」とのこと。

質問で分かった真実

その女性に詳しく質問をしてみました。

「理想が高いって、具体的にはどんなふうにですか?」
「えー?あれですよ、背が高くて、優しくて、お金がある人。」
「なるほど。背が高くて優しくて、お金のある人がいいんですね。じゃ、背は何センチ以上ですかね?」

え?と固まる彼女。そして一生懸命考えて出てきた言葉が、

「私より高ければいいです。」

どう見ても彼女は150センチぐらいの小柄なのですが・・・。

「そうなんですね~。それでは優しいっていうのはどんな感じですか?優しいって言ってもいろいろありますよね?毎日頭をなでてくれる人を優しいと感じる人もいれば、毎日お小遣いをくれる人を優しいと感じる人もいます。」

またしても固まる彼女。そして出てきた答えは、

「暴力を振るわなかったらいいです。」
「そうですか。ではお金のある人っていうのは・・・」
「そりゃ公務員ですよ!安定してますから!」←この返事はすこぶる早かった(笑)
「公務員さんがいいのですね。具体的には月々どのくらいの収入がいいですか?」
「んーーー・・・・・・・・。毎日ご飯が食べれたらいいです。」

自分は理想が高いと思っていた女性に、具体的に質問をしてみて分かった、彼女の求める理想とは、彼女(150センチ)よりも背が高く、暴力を振るわず、毎日食べられる収入がある人ということでした。

はっきりすると前に進める

彼女のように、漠然とした言葉によって、知らない間に迷路に迷いこんでいる人は少なくありません。例えば、あがり症克服トレーニングにいらっしゃるクライアントさんに「どんなふうに人前でしゃべれるようになりたいですか?」と問うと、「普通にしゃべれたらいいんです。」という答えが返ってくることがあります。

「普通って具体的にはどんなふうですか?」と聞くと、答えが出てこない。「普通」を目指してもそこにたどり着かないのは、それがどんなものなのか具体的に見えていないからなんですね。

他にも、「成功」「自信」「良い人間関係」など中身が見えないまま使ってしまいやすい言葉には気を付けましょう。「具体的にどんなものなんだろう?」と自分に質問してはっきりすると、前に進みやすくなりますよ。