反省会は今すぐやめよう!あがり症克服のコツ

あがり症克服と反省癖

日本人の習慣ともいえる「反省会」。小学校の頃から、1日の終わりや、イベントの後には何かを反省させられていたからか、私たちはことあるごとに反省します。

名目上は、「反省することで次をより良くするため」ですが、私たちの脳は反省する=マイナスポイントを探すことで、次も同じような反省材料を作り出そうとしてしまいます。右脳には、良い悪いを判断しないという特徴があるため、注目したことを再び現そうとするのです。

あがり症を克服するには、本番後に、本番で感じた「人前で話すのって楽しい!」というプラスの感情で記憶を上書きすることが必須です。しかし、反省グセが強い人、生真面目な人は、どうしても「良くなかったところ」に注目してしまい、上書きが完了しにくくなります。

こういった傾向が強い方は、意識的に脳をコントロールする必要があります。反省グセをやめるには、日頃からとにかく良かったことに意識が行くようにします。そのために、「良かった~!」という言葉を口グセにしましょう。何があっても「良かった~!」と言うようにしていると、脳は「何が良かったんだろう?」と良かったところを探そうとします。良かったことが見つかれば、次も自然と良い方に向かっていきます。

信じられない人は試しに、朝まだ眠いなと感じる時に「よく寝た~」と言ってみてください。脳が「よく寝たんだな」と認識して眠気が覚めるはずです。脳は言葉一つでコントロールできることの一例です。

あがり症克服だけに限らずすべてにおいて、反省会よりも称賛会をお勧めします。
※本番で「人前で話すのって楽しい!」と感じるためのトレーニングは、こちらの本を参考にしてください。