あがり症克服に「恐怖症の治療」をしない理由

講演の写真

「人前恐怖症」といえるほどの、極度のあがり症をこじらせてしまっていた、かつての私。今は、数百人の前でもペーラペラと普通に話します。

「恐怖症の治療をしたんですか?」と、カウンセリングに詳しい方によく聞かれるのですが、答えはNo。ただ「人前で話すのがラクになる!5つの魔法」に書いた5つの魔法を実践しただけなんです。

克服後も脳科学や心理学の勉強を積み重ねてきました。その結果、今ではあがり症を克服されたい方に、過去の恐怖体験に対するイメージや捉え方を変化させる「恐怖症の治療」を行うことができますが、それはあえて使わないようにしています。

なぜならクライアントさんが、すべてのうまくいかない理由を過去の何らかの体験のせいにしてしまい、カウンセラーや治療に依存しやすくなるからです。残念ながら、お金のためにそのように誘導する人もいます。

私はどんな経験も、自分で「良かったこと」に昇華できると考えています。そのためには、脳を上手に利用すること。脳の利用の仕方を知れば、その後、カウンセラーに頼ることなく自分で解決していくことができます。

ヴィゴラスマインドの「あがり症克服」では、自分で脳を上手に利用できるようになる方法をお伝えしています。言い換えれば、自分が自分自身のカウンセラーになる方法です。

長年、別のカウンセリングに通われていたという方の、トレーニングを受けての感想です。

『泣かないで、笑いながら受けたトレーニングは初めてでした。次の予約が必要ないと言われてちょっと悲しかったのは、依存してた証拠ですね。自分をコントロールする方法を教えてもらったので、これからは、カウンセリングにかけていたお金を、自分を喜ばせることに使いたいと思います(笑)サリィさん、ありがとうございました!(静岡県Iさん)』

過度のあがり症・緊張症でも、恐怖症の治療などしなくても克服できますよ。お気軽にお問い合わせくださいね。