たった1日で長年のあがり症を克服した女性のお話

「こんなに気持ちよく人前で話せたのは生まれて初めてです!」と興奮した様子で喜びの電話をくれたのは、本番前日にあがり症克服トレーニングを受けられた方でした。

小学生時代からの年季の入ったあがり症だったらしく、「到底1日では治らないだろう」と思っていたそうです。その彼女から「体験談」が届いたのでご紹介します。

あがり症克服対面トレーニング

こんなにもイメージのパワーがあるとは

私は40代の主婦です。極度のあがり症で人前に出るとうまく話をすることができず、30年近くずっと悩んでいました。小学校2、3年の時に、先生の意図とは違うことを答えてしまったのがきっかけで、人前で話すのが恥ずかしくなってしまいました。5、6年生でそれはもっとひどくなり、社会人になってからも人前で話す機会をずっと避けてきました。

子供の学校関係の懇談会などに参加したときには、ちょっとした発言にも異常に緊張し、それが終わると誰とも話をしないで、嫌な気持ちで帰るのが常でした。家に帰ってからもしばらく嫌な気持ちを引きずっていました。

どうにかしなければと、近くの図書館で検索し、サリィさんの本を見つけ、楽しそうで読みやすそうな雰囲気を感じて借りて帰りました。自分自身でやってみたところ、前より幾分ラクに話せるようになりましたが納得がいかず、サリィさんのトレーニングを受けてみようと思い、申し込みました。

実はトレーニングの翌日に、参観懇談会でのスピーチがあり、1日では無理だろうと正直ダメ元で受けました。「今日一日のトレーニングで明日の本番に間に合いますか?」と一応聞いてみると、「大丈夫ですよ!」とサリィさん。『サリィさんの言葉を信じてとにかくやるしかない!』と気合いを入れて、教わったことを実践しました。

その結果、長い間あがり症で悩んでいたのがウソのように、たった一日で人前で楽に話せるようになりました。そのうえ、発声練習などまったくしていないのに、声にハリが出たのを自分でも実感しました。サリィさんから教わった自宅トレーニングを実践した時間は、通算すればおそらく30分程度でしょうか。イメージすることがこんなにもパワーがあるとは、思いませんでした。中でも、私にピッタリのセルフイメージを一緒に考えてもらえたことがすごく良かったです。

あれ以来、お陰様で人と会うのがとても楽しくなりました。しかも、いろいろな人に声をかけてもらったり、新しいお友達ができたりで、本当にうれしい事ばかりです!運が開けてきた~!と、実感中です^^

あがり症が克服できただけでなく、人生を楽しむコツを教えて頂いたと感謝しております。すべてを前向きに考えられるようになり、楽しい毎日です。サリィさん、本当にありがとうございました。

プラスの感情が豊かな人は克服しやすい

もちろん「明日の本番に間に合いますか?」と聞かれて、やみくもに「大丈夫ですよ!」と答えたわけではありません。あがり症を克服しやすい人の特徴がいくつかあり、彼女はそれらを満たしていると思えたからです。

例えば、その特徴の一つを挙げると「プラスの感情が豊かなこと」です。脳科学の観点から、あがり症を克服するには、事前に本番を楽しい、ワクワクするといったプラスの感情でイメージできるようになることが必要です。普段から感情が豊かな人は、豊かでない人と比べて、その感情を強く感じられるので、あがり症を克服しやすいのです。その他の特徴を詳しく知りたい方は、無料メール講座「あがり症が克服しづらい人の特徴とその改善方法」でご覧いただけます。

ヴィゴラスマインドのあがり症克服トレーニングは、従来の「場数を踏んで徐々に人前に慣れていこう」という考え方とはまったく異なり、彼女のように短期間でも効果が得やすいメソッドです。本番が近いという方もぜひご利用ください。

あがり症克服トレーニング詳細はこちらになります。