あがり症は「薬」では治らない?!

あがり症と薬

あるクライアントAさんと私の会話です。

A 「緊張するので、20年以上薬を飲み続けています」
私 「20年とは長いですね。 で、何のために飲んでいるんですか?」
A 「そりゃ、あがり症を治すためですよ」
私 「効果ありました?」
A 「いえ。最近あまり効かないような気がして、この間増やしてもらいました」
私 「最近効かないということは、効いていたこともあるってことですか?」
A 「そうですね~」
私 「効いている状態というのは、具体的にはどんな感じでした?」
A 「人前で話しても、あまり何も感じない状態・・・でしょうか」
私 「それが治った状態と言えます?」
A 「うーん。ドキドキはしなかったけどボーっとしてしまって、言葉が出てこないくて・・・」
私 「そうなんですか。残念ですけど、薬であがり症克服は・・・」
A 「なんとなくそうかなぁ~とは思ってました」
私 「じゃ、クイズです!どうしたら治るんでしょーか?^^」
A 「サリィさんの魔法本に、記憶を上書きするって書いてありました」
私 「大正解!じゃ、どんな記憶で上書きしましょうか?」
A 「楽しい!やったー!などの記憶というか感情ですよね」
私 「そうなんですよ。薬でボーっとするのとは真逆のハイテンション状態です」
A 「じゃ、ボーっとする薬じゃなくて、ハイになる薬を使えばいいんですね?」
私 「は??(◎o◎)!」
A 「冗談です」
私 「それいいかもしれないですね!」
A 「え??!(◎o◎)!」
私 「冗談です」
A 「・・・・・」
私 「とにかく薬や先生に治してもらおうと依存している限りは、状況は変わらないんです」
A 「自分でということですね」
私 「さすがです!!上書きの方法はお伝えしますので、自分で克服するんですよ☆」

ヴィゴラスマインドでは、脳科学に基づいたあがり症を克服する方法をお伝えしています。

※心療内科、精神科に通院中で薬を飲んでいる方への緊張・あがり症克服サポートは、状況によってお断りする場合があります。薬への依存度が高い方に対するサポートには限界がありお金だけ頂くということになりかねないからです。薬を断ち心の底から変わりたいと望んでいる方のみお越しください。