あがり症を克服できないのは練習不足なの??

あがり症克服トレーニングを受けられ、1度本番に臨んだものの、その時は残念ながらうまくいかなかったN.Iさん。再度アドバイスをさせて頂いたところ、問題がクリアーになり大成功されました。下記は頂いたメールです。

お礼メール

こんにちは、先週お世話になりました、N.Iです。今日はお礼に連絡させていただきました。再度アドバイス頂いてからすぐ、もう一度セルフイメージをインストールし、心から楽しみ喜ぶことを心がけてみました。
アドバイスいただいた翌日の館内ロールプレイングの予選は、そこそこだったのですが、3日前の社内ロールプレイングの練習の発表の時は、自分でも驚くほど心に余裕があり、お客様役の方に集中できて、周りの社員からもずいぶん誉めていただきました。お陰さまで、社員からのアドバイスも素直に受け止めることができ、本番ではもっと工夫したい!もっとこうしよう!とアイデアも浮かんで、来月の発表が楽しみです。正直、自分がこんなにプラス思考になれるなんて思いませんでした。
初めてスカイプでお話ししてから1ヶ月以上経っていたのに、先生から(質問に対するスカイプの)ご連絡頂いたのもとても嬉しかったです。来月に向けて、発表の間もっとテンションを上げていられるように、頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。

練習不足ではなく脳への指示の間違い

話し方教室などに通われていた方々によると、うまくいかないのは「練習不足」だから、もっと練習するように促されるようです。どのくらい練習すればいいのか不明確なままそれを続けることは、精神的に負担ではないでしょうか。練習しても練習してもうまくいかないと、自分の「能力不足」だと諦めてしまうかもしれません。

ヴィゴラスマインドでは、うまくいかなかったとしても「練習不足」のせいにはしません。ましてや「能力不足」だとも考えません。単に「脳に対する指示の出し方が間違っていた」と考え、「どこが間違っていたのか」を明らかにします。

上記のメールを下さったN.Iさんのときも、ヒアリングによって間違っていたところがはっきりし、修正してもらうことができました。N.Iさんの大成功は、一度の挑戦で諦めず、ヴィゴラスマインドのあがり症克服トレーニングとご自身の脳力を信じた結果だと思います。本当におめでとうございました。