上手な話し手になるための間のつくり方

素晴らしい話し手と聞き手

人前で上手に話せるようになりたい。あがり症でお悩みの方に限らず、多くの人がそう望んでいるようです。

そのニーズに合わせて、呼吸法や滑舌トレーニング、話の組み立て方などスピーチに関するいろいろなスキルが紹介されていますが、私が大事だと思うのは話の「間」の取り方です。

素晴らしい話し手は、絶妙な「間」を持っていて、聞き手の心を上手に掴んでいきます。逆にいくら滑舌よく、話の組み立てが巧みでも、話の「間」が悪いと、聞く気が萎えてしまうこともあるでしょう。

私が「話の間がいいなぁ」と感じる方には、歌や楽器などの音楽経験者が多いです。音楽は、音符(音があるところ)も大事だけど、それ以上に休符(音がないところ)が大事と言われます。このため、音楽経験者は「間」に対して潜在的な感性が養われているのではないかと思います。そのリズム感が話し言葉にも出てくるのでしょう。

では、絶妙な「間」を養うためには、音楽を習わなくてはいけないのかというと、もっとお手軽な方法があります。

それは、上手だなと思う人の話の「間」で、黙っているのではなく「うんうん」と頷いたり、「なるほど~」と相づちを打つのです。これを心がけていると、自分がいざ人前で話すときに、「聴き手の頷きや相づち」の時間(間)を自然と感じ取りながら話せるようになるのです。

相手の話の抑揚を無視して「うん、うん、うん、うん」と勢いだけでうなずいてしまう人や、体が固まった状態で聞いている人がいます。そういう人は、人前で話す時も一方的で独り善がりなスピーチになりやすいので注意しましょう。

繰り返しますが、話し手と聞き手が「分かってますよ!」とリズム良く手と手を叩き合う瞬間の「間」がとっても大事なのです。素晴らしい話し手になりたければ、素晴らしい聞き手を目指す。ノンプレッシャーでできる練習なので、ぜひ試してみてくださいね。

過度な緊張、あがり症で悩んでいる人は、こちらの本を参考にしてみてください。