あがり症を卒業する覚悟はありますか

あがり症からの卒業

人前に出れば、手足はガクガクブルブル、汗がでて、頭は真っ白になって、視界が歪み、立っていられなくなるほど、ひどいあがり症をこじらせていた私は、それを解消するために慣れない本屋に行きました。

「話し方・あがり症」のコーナーに行くと、たくさんの本があり、立ち読みをしてみると、「場数を踏みましょう」という言葉が目に入ってきて、「場数を踏んで治るんなら、とっくになおっとるわーーーーー!」と激しくツッコミをいれたのを、最近の事のように覚えています。

その時にたまたま本屋に並べられていた脳科学の本に出会い、脳科学にのめり込みます。たくさんの本を読み、たくさんの師匠に学び、脳を使う方法をゲットしました。しかし、それだけでは変わりませんでした。学んでいるだけで行動していなかったからです。

そのため、私はブログに「誘われたら断らない」と書きました。自己紹介の時間を恐れて飲み会に誘われてもすべて断っていた自分を変えるため、「次に飲み会に誘われたら行くぞ!」という宣言を込めて書いたのです。

その記事を読んだ方から「講演依頼」の電話があった時には、腰が抜けそうになりました。聴衆は100人(@o@)!全力で断る理由を考えましたが、「断らない」と書いた威力は凄かった。10日後の講演を受けることになったのです。

本番、泡を吹いて倒れる自分がありありと想像できました。このままではまずい本当にまずい・・・それでやっと本当にあがり症を克服する覚悟を持ちました。10日間で変わってやる!と。それまでに学んでいた内容をすべて引っ張り出して、10日後の講演を成功させるための方法を考えました。それに従って10日間のトレーニングを行ったところ、初めての講演会は大成功!!あがり症克服!これまでの人生の中で一番テンションのあがった楽しい時間になりました。

あがり症克服の秘訣のひとつは「卒業日を決めること」。あがり症を克服したいと思っているだけでは一生そのままでしょう。この日に必ず卒業するという覚悟を持って、トレーニングに臨むことで、脳力が最大限に発揮できます。

トレーニングの中身の方は金光サリィにお任せください。多くの卒業者を輩出しているメソッドです。あがり症克服トレーニング詳細はこちら